創薬研究用ヒト腎細胞 3D-RPTEC®

3D-RPTEC® 概要

オリエンタル酵母工業は、日機装株式会社と提携し”ヒト腎細胞3D-RPTEC®”の提供をしています。

3D-RPTECは、日機装株式会社が透析装置の開発・製造で培った知識・技術により開発された創薬研究用ツールで、ヒト初代近位尿細管上皮細胞(RPTEC; Renal Proximal Tubule Epithelial Cells)を3次元で培養することでヒト腎皮質に近い薬物トランスポーターを発現しています。

従来のin vitro毒性評価や薬効薬理評価には腎臓の株化細胞や初代細胞が使用されてきましたが、薬物に対する応答性は十分ではありませんでした。“3D-RPTEC®”は、従来の腎細胞よりも薬物の応答性が向上し、より感度の高いin vitro評価が可能です。

Ready-to-useでお送りしますので、簡便に試験を始められます。

薬物動態・毒性、および腎疾患研究等に関する研究にぜひお役立てください。

3D-RPTEC® 特長

ヒト腎臓に近い薬物トランスポーターを発現したスフェロイド
96ウェルプレート入り
1ヵ月以上の長期培養が可能
常温で国内輸送し、すぐに使用可能

3D-RPTEC®ラインアップ

品名 型番 保管方法 輸送方法
3D-RPTEC®
細胞(96well)・培地セット
NCP01SP
3D-RPTEC®
細胞(96well)単品
NCP02RP CO2インキュベーター
(37 ℃、5 %CO2
室温
3D-RPTEC®
専用培地 100 mL
NCP03CM 冷蔵
(2-8 ℃)
冷蔵
  • 価格はお問い合わせください。
  • 本製品は研究用途以外には使用できません。
  • 3D-RPTECは各種の法律に基づいたインフォームドコンセントが取得され個人情報の連結不可能匿名化がなされた細胞を使用しています。

ダウンロード資料

3D-RPTEC®リーフレット

製品に関するお問い合わせADME/Tox試薬